今日から一新しました 

サウンドショップ シンワのあさまです
今日からブログを一新することにしました
いきなりよそよそしい感じがしてビックリした方がほとんどだと思います
今までのブログは引越しをして引き続き継続します

このブログでは商品の説明や施工例などを紹介させていただこうと思います
みなさんよろしくお願いいたします

[ 2008/04/30 16:30 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

今までのブログはこちらから 

今までの熱~いブログも残っています
あさまブログとしてこちらのURLに引っ越しました
シンワブログ同様 あさまブログもよろしくお願いします

ブログ引越し先 http://carsoundshinwa.blog43.fc2.com/

[ 2008/04/30 16:27 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

スズキ スイフト簡易アウター 

スラント(角度)を付けて簡易アウター化、出きる車は価格が安く済むし効果は絶大 うらやましい…
スズキのスイフト・BMW MINIの簡易アウターが流行っています,半日~1日半ぐらいで仕上げられます(写真は違う車です、スイフト MINIの写真を撮るのを忘れてしまいましたスイマセン…)
簡易アウターで最も気をつけることは聴感上で確かめながら収め具合や角度を決めています
インナーバッフルでは得られない透明感のあるサウンドに仕上げています

ツィーターマウント例

簡易アウターができる車はコストパフォーマンスが優れているのでとても楽しめると思います
更にスラント(ドアスピーカーに角度)をつけることによりツィーターとの繋がりも良くなるのでご相談下さい

[ 2008/04/28 08:23 ] 施工例 | トラックバック(-) | コメント(0)

マークX施工例 

マークXの施工例です
前後純正エアロで決まったマークXです
そのセンスを生かしサウンドアップのご相談でご来店していただきました

大型インナーバッフルボードにマウントされたスピーカー、低域の伸びも非常に良いです
ドアは大掛かりな施工をせずインナーバッフルで収めましたがバッフルボードにこだわり音抜けが抜けよく仕上げました。伸びる低域がとても気持ち良いです

個人的に黒色の引き締まったピラーがいちばん好きです…
ピラーにマウントされたツィーター この車のサウンドで最も慎重に決めた部分でミッドバスとの音のつながりも抜群に良いです。写真はありませんがヘッドユニットはパイオニア サイバーナビ、ツィーターの取り付け方で恐ろしいほど表現力のあるサウンドになります

トランクにウーハーも装着されているので調整もしっかりしています、ステレオサウンドの楽しみがとてもよく表現できる車です
[ 2008/04/28 08:22 ] 施工例 | トラックバック(-) | コメント(0)

デモカー試聴会を開催しています 

試聴会を開催しています

理想のサウンドを求めて作成したデモカーを試聴できます
試聴会詳細は当店HPより確認してください
当店試聴会掲載ページ

ランサーエヴォリューションⅩ 

ランエボⅩフロントマスク

新しいランサーエヴォリューションⅩのナビ施工例です
作業当日の朝に納車されたそうです

ナビはインダッシュモニターを装着、地上波デジタルチューナーも装着しました
写真では解り難いと思いますがシフト前のスペース右側にETCを設置、スマートに取り付けることができました
ランエボⅩ内装 質感がとてもよくなった室内 オーディオ素質も…


オーディオの素質もよくフルレンジスピーカーのままきれいに音像定位を得ることができる車です
前モデルのランサーエヴォリューションⅨもとても良い素質だったのですがそれ以上かもしれません
マフラーを純正のままであれば立派なサウンドカーになりそうです
当日納車のランエボⅩ こんなカッコ良い赤色は国産車初のような気がする


今後はアルミホイールを交換予定だそうです…ぜひより良いサウンドもご検討下さい(笑)

[ 2008/04/24 19:52 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(0)

日帰り可能です 

la3.jpg

ツィーターマウントの施工は日帰り可能です
写真のランサーエヴォリューションはダッシュボード中心にきれいに音像定位するように位置決めをしました
ワンポイントにもなりますのでぜひご相談下さい
[ 2008/04/22 20:00 ] 施工例 | トラックバック(-) | コメント(-)

デッドニングのその先に 

カーサウンドをグレードアップしていく上で最も有効な手段はスピーカーをきちんと取り付けることです
通常デッドニングと呼ばれている施工はその種類や方法もさまざまで車に合わせてカスタマイズする必要があります(ご相談下さい)

デッドニングの目的を簡単に説明するとスピーカー本来の音を綺麗に鳴らすことです、ある程度以上のサウンドショップは音色に色をつけるようなことは考えていません

通常ドアのサービスホールをなどの穴を塞ぐデッドニングは必要以上に貼り付けても効果が上がらないので施工前に相談していただければと思います

その先に何をすればよいのかなのですが…大きく別けて3つになります

ドアの内張りをより良くする
ドアの内張りはスピーカーの振動が伝わります、その振動は音になって耳に届きます
ある周波数は同調したり、またある周波数は反同調したりすることにより音に大きく左右されます
これを完全に防ぐことは無理な話なのですがある程度の改善で音は飛躍的に向上します
既にメニュー化されていますので興味のある方はぜひご相談下さい

ドアの内側を改善する
スピーカーは前に出る音とうしろに出る音があります、実はドアの内側に出る波動がある一定の周波数になってスピーカーにぶつかってしまい音質は劣化します
この悪い作用を食い止める施工もございます、この施工により音がリアルになり深みを増したと感じる方が多いのです。実は本来のサウンドに近い状態に導く施工です

思い切ってアウターマウントにする
アウター施工に関しては計測と聴感上のテストと繰り返してマウント方法を決めるレベルの高い施工です、また上記2つの施工も含めて作成することになります
スピーカーの前をふさがれていないサウンドは音がきれいに前に出るようになります

例えれば…
見た目は純正のままの状態(インナースピーカー)は塀の穴の内側から声を出している状態です、穴までの距離があれば壁にぶつかってしまう音が多く塀の向こうに声は伝わりません
逆に穴に口密着して声を出した場合完全に塀の向こう側に声が伝わります
スピーカーも同様です、きちんと音を伝える為の有効な手段になります
t650w.gif
写真はかつてのデモカー1号車のエスティマです
[ 2008/04/22 19:50 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

高音質デッキ 

930.jpg


当店で追求する“良いサウンド”とはレコーディングした情景をリアルに再現することを目標にしています
そのためヘッドユニットに求める性能を一切の妥協をしないで考えた場合パイオニアXブランドのCDデッキとプロセッサーが最も有効になります
パイオニアXは恐ろしいほど解像度が高く確かに超高音質です、が…一式そろえると数十万円と非常に高価なためなかなか手が伸ばせませんよね?
ところがこのDEH-P930の場合CDユニットとプロセッサー・アンプまで内蔵していています
このデッキの狙いはあくまで高音質、その証として「バーブラウン高性能24bitアドバンストセグメント方式D/Aコンバーター」を3基独立搭載。これはパイオニアXに採用のものとまったく同一です


この商品をもっと解ってもらう為に難しい話は抜きにして簡単に説明します

カーサウンドにおけるバランスの取れたサウンドとは各スピーカーから出る音を独立して調整する必要があります。右ハンドル車の場合左スピーカーは耳と向かい合っていることがほとんどです、逆に右スピーカーは右下のほうから音が出ている状態…これを同じレベルで鳴らした場合耳に届く音の違いが大きく不自然に感じることになります。ツィーターが装着されている場合は更にバランスが崩れてしまうことも多いです

このデッキは車の空間に合わせて各スピーカーの周波数を制限したり距離の差を補正したり左右の音質まで独立して変える事も出来ます
内蔵されているアンプは高性能、中途半端な外部アンプより高音質です

当店ではもちろん車に合わせたセッティングをしてお渡しをしています。しかしせっかく手に入れた高性能を自在に操ることもとても楽しいことだと思います。調整のコツはお教えしますので是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか

このDEH-P930は当店デモカー カルディナに装着されています、興味のある方はお問い合わせ下さい
[ 2008/04/22 18:53 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

ウルトラキャパシタ 

カーオーディオの性能を充分に発揮する為にキャパシターの選択はとても有効です
キャパシターの種類は数多くありますが当店で推奨するのはウルトラキャパシター(エムズライン)になります

オーディオの性能をフルに発揮するキャパシターの案内です
hq_03f.jpg
ウルトラマイクロキャパシタ HQ-0.3F
デッキの電源強化に適したキャパシターになります
内蔵アンプのシステム(ナビ一体型オーディオなども)の場合音色が驚くほど変わりますのでとてもおすすめです
アンプレスのデッキに装着しても効果が高く当店のデモカーエスティマのデッキ電源に採用しました


hqr_1_3f.jpg
ウルトラキャパシタ HQR-1.3F
デッキの電源強化からパワーアンプ電源の強化まで補えるキャパシターです
既に完成されたシステムの場合、電源が集中している部分に装着することをおすすめいたします
コストパフォーマンスにとても優れていて当店デモカーエスティマのアンプ部にも装着しています



デモカーに装着したときの感想

当店デモカー パイオニア RS-D7xⅢ(CDデッキ)の電源に採用したHQ-0.3F
サウンドの空気感が変わりました、空間再生能力が増し細かい音が表現できるように
高音質光ケーブルに変えた時の様な効果がありました

当店デモカー パイオニア RS-A70x(アンプ)に装着したHQR-1.3F
サウンドの印象はとても滑らかになりました、嫌味な部分は全く無くなり調整では追い込めない部分の領域を自然に解決してくれたのでとてもよい効果がありました
[ 2008/04/22 17:14 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

JBLから新しいアンプが登場 

JBLパワーアンプGTOシリーズがフルモデルチェンジされましたgto1004.jpg
写真GTO1004

前モデルのパワー感はそのままに質感が大きく向上したモデルのようです
電気回路と信号経路の見直しによりひずみ感の無い音質
定格出力はGTO1004で100W×4
各コネクター類もワングレードアップされました

当店には明日入荷予定なので早速デモカー カルディナに装着します
[ 2008/04/22 12:29 ] 日記 | トラックバック(-) | コメント(-)